敏感な子、学校の雰囲気がダメなとき、どうする?」

こんにちは、岡田奈美子です。

今回のテーマは、「学校の雰囲気がダメなとき、どうする?」です。

ハリネスミ

スクールカウンセラーとして、不登校をしている敏感な子と話をすると、

「あ~、よくわかってるなぁ。確かに、あのクラスは、うるさい雰囲気。

担任の先生は、みんな好き勝手して騒いでも、あまり指導されないし。

その雰囲気に耐えられないんだ。きっとこの子は、感性が繊細な個性なんだろうな」と感じることがあります。

 

そういう騒音やごちゃごちゃした雰囲気が苦手な子はいます。

(私もそんなところがあります。そんな時は、自己ケアにいそしみます^^)

 

大人になれば、ある程度、選択できたとしても。

学校は、その場しかありません><。

だから、こういう雰囲気が苦手な子は、学校に行けなくなってしまうのです。

誰が悪い、というのではなく

合う、合わないはたしかにあります。

発達障害の方が、認知度があるので、学校側の協力も得られやすいかもしれませんね。

HSP・HSC、エンパスと言われるような、敏感な子については

どうしてあげたらいいか、先生方もまだあまりご存じではありません。

「このくらいで、ダメなんて、敏感すぎる!もうどこでもやっていけないぞ!」とマイナス面ばかりクローズアップされて

本人が自信を失ったり、親御さんが不安になったりすることも><。

 

でもね、本当は、どんなに問題にみえる個性にも、プラス面とマイナス面、両方ちゃんとあるもの。

こういう子は

芸術肌な場合がけっこうありますし

色々な人の気持ちや雰囲気を、感じとる能力が長けている場合も。

それは、とてもすばらしい個性です。

本人が、自分の心を守るトレーニングをすることが効果的な場合も。

ただ、クラスの雰囲気と合わないと、本人がしんどいですよね。

もし学校が理解を示してくれるなら

しんどくなったら、静かな小さい部屋(保健室など)で少し休憩できるといいですね。

学校側に、そんなサポートの姿勢を求められるのであれば、とてもいいです。

私は、学校のカウンセラーとして、こういうことがあると、

先生方に「ほら、ピアニストくらい豊かな感性をもって、いい耳をもっていると、

私たちが普通と思う雑踏の音も、ものすごくうるさく、頭が痛くなるほどなんですよ~。

この子も、他ではできない部分もあるけれど

こういうところは敏感で優れているので、耐えられないんですよね。

ちょっとした避難場所があると、不登校までならずに済むかもしれないんですけど、

何とかならないですかね~?そうしたら落ち着きを取り戻せるかもしれないんですけど。」と

子どもの敏感な個性を説明して、協力をお願いしたりします。

色々やってみて、本当に合わないのなら

学校を変わるのも、一つの手段です。

それが、その子が進む道なのです。

 

今、不登校をすでにしているお子さんの場合は、本人の心の傷を癒したり

自分の個性のプラス面を知ってほしいですね。

 

でも、親御さんが不安なら、まずその不安をしっかりケアしましょう♪

親が不安な気持ちで、事を進めても、その不安が邪魔をします。

「とても不安だ」「どうしてうちの子が」「もっと鈍感な性格になってくれたらいいのに」など

いろいろ湧き出てくるマイナスの気持ちは、実は、もともと心のなかにあった気持ちです。

今回、子どものことで、それを解放してあげる時がきたということなのです。

親のこころから、不安が消えていくと、子どもの心も軽くなります。

すると、流れがスムーズに変わっていきます。

ブログにて、毎週火曜に「敏感な子」についての記事を更新しています。こちらからどうぞ。

子どもメンタル研究所 岡田奈美子(スクールカウンセラー)

敏感・HSP・HSC・ひといちばい敏感な子・不登校・エンパス・インディゴチルドレン・クリスタルチルドレン・発達障害・ADHD/ADD(注意欠陥・多動症)・ASD・自閉症・自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群・小学生・中学生・カウンセリング・アダルトチルドレン・相談

PAGETOP