自己犠牲にさよなら♪敏感さで幸せになる(HSC・エンパス)

こんにちは、岡田奈美子です。

敏感(HSC・HSP)、エンパスなど色々な名前がついていますが

(私は「敏感ちゃん・君」と呼んでいます)

敏感な子どもと大人が「しあわせになるために大事なこと」があります。

敏感な個性の子どもと大人(HSCの他、エンパス、インディゴチルドレン・クリスタルチルドレン等)は

無意識に自分のエネルギーを、自分ではなく、人に使うことが多いのです。

(だから疲れて、燃え尽きてしまうんです、小学生でもね)

当たり前ですが、多くの人は、自分の生きるエネルギーを、自分に使います。

(だからこそ、学校でも「周りの人のことを考えなさい」「人に優しく」と教えますよね)

でも、敏感な子どもたちの多くは生まれつき「周りの人のことを考え」ています。

・人とつながること

・人を癒すこと

・人をしあわせにすることに、無意識に全力で取り組みます。

生来、とっても優しくて、ステキな個性。

まるで天使のような面があります。(もちろん人間なので、わがままな面もありますよ)

無意識に、人や周りのことにエネルギーを向けてしまう優しい個性。

だからこそ、その反面、

・生きづらい

・孤独感をもちやすい

・自分はここにいていいのかと不安を感じる

・人混みが苦手

・死にたい、自殺願望がある

・大勢の人の中にいると疲れる

などと悩んでしまうのです。

そうです、“生まれつきの才能”と子どもやあなたの“悩み&問題”は、紙一重!

 

私のセラピーでは、突然、学校に行けなくなり

親がとても心配し(又は怒って)

「育て方が悪かったのか?」

「この子がどこかおかしいのだろうか?」と親が子どもや自分を責めるケースが多くあります。

本人は、そんな自分自身を誰よりも嫌っていて。

(ゲームに没頭しているようでも、部屋でただ怠けているように見ても)

でも、学校に行けない原因は、親の育て方でもなく、

いじめでもなく、

本人が、天使のように周りの人達を癒して、癒して、

でも自分だけは大事にしていなかった、

親もそのことにはまさか気づかなかった、ということが多いのです。

小学1年生でも、こういうことはありますし、大人にもたくさんいます。

敏感な個性は、「人とつながる・癒す・幸せにする」才能にあふれている人が多いのです。

(その反対に、無意識に問題を起こして、みんなの意識改革をする役割がある人もいます。)

だからこそ「自分も癒す・幸せにする」を意識する必要があります。

 

私は、こういう敏感な個性を

「天使系の敏感ちゃん・君」と呼んでいます(理由はわかりやすいから^^)。

それプラス、いい意味でプライドが高い個性の人は「仏さま系」と呼んでいます。

(クリスタルチルドレンともいいますが、スピリチュアル系なので、抵抗のある大人もおられます。だから私は「敏感ちゃん・君」と呼んでいます)

特徴として、

・人の気持ちを感じ取る、人の気持ちを読む
・なぜか自然と人を助けたり、サポートしたりしてしまう
・人の役にたつことが、自分の使命・役割のように思う
・自分に合う、合わないが、直感的にわかる
・戦争や災害のニュースを観ると、非常にこわがるor悲しがる
・浅いつきあいより、深く人と関わる方が好き
・一人になる時間が、とても大切
・その人がいると、周りが癒される
・実年齢に合わない、人生の叡智について知っている

●人のことを背負いがちで、疲れやすい
●初めてのことが苦手、こわがり
●自分のことをするのが苦手。人のことなら、がんばれる
●争いが起こるくらいなら、自分が犠牲になる方がいいと思う
●自分の細かくて繊細な感性を「分かり合える」仲間が少なく、孤独だ
●落ち込むと、なかなか気持ちが戻らない
●頭で考えて、なかなか行動にでられない
●何かと自分を責めがち

私が多くの敏感さんにお会いして、感じたことをまとめたので、

人によって、まだ他にもあるとは思いますが。

「私もそう!」「うちの子、こういうところある!」と心当たりがある方は多いと思います。

後半の●項目が多いほど、いっぱいの愛情を自己犠牲に使っていて、せっかくの敏感さを使いこなしていないといえます。

 

今、本当はステキな、でも生かしきれていない敏感な個性の人たちが多くいます。

大人の人は、周りにまだいなかったので、孤独を感じやすかったり、

「私はこんなステキな個性♪」という自己肯定感をもちづらかったかもしれません。

でも、自分・親が気づいていない、ステキな敏感さを使いこなしていくにつれて、しあわせ感がアップしてきます。

 

今の子ども達には、こういう敏感な個性がとても増えています。(仲間がふえて、嬉しいですよね^^)

私たち人間も、生き物の進化論どおり、進化します。

心も進化しているのです。

これからの世の中は、こんな敏感ちゃん・君が、いきいきと活躍する社会になっていくのだと私は感じています。

 

ただ、その前に。

あふれんばかりの愛情と生きるエネルギーを、人や周りにだけ向けるのではなく、

自分に向けることも学んでいく、

これが、敏感な個性には、とっても大切だと痛感しています。

そんな敏感な個性の大人と子どもが、自分を大切にして、しあわせになるためのワークショップを、

横浜で、11月12日(日)に開催いたします。

お子さんが敏感な場合、親ごさんが受けて頂くことで、敏感な個性の本当の意味を理解できますし、

潜在意識(無意識)の簡単ワークでは、子どもへ遠隔で送ります。

(遠隔ってなに?

私たち皆は、潜在意識でつながっています。家族は特に。目の前にいなくてもエネルギーを送ったり、受けとったりできます。個人差あり)

詳細は
【潜在意識で幸せな子どもと大人になるワークショップ】へ。
自己犠牲が、愛の最高の表現だった時代がありました。

今、やっとそんな時代が終わりつつあります。

自分(個性)を大事に愛することが、周りを幸せにするのにつながっていく。

そんな世界の時代がきています♪

「私って、こんなにステキな面もあったのね」

うちの子に、こんな素晴らしい面があったのか」

あなたやあなたのお子さんがそう感じれば感じるほど

あなたや子どもが生きる世界は、もっとステキなものになっていきます。

 

なぜなら、外の世界は、心の世界が映し出されたものだから。

 

メルマガに登録して頂くと、最新メールが届きます。

ご登録には、こちらをクリックして、アドレスをご登録ください。

ブログにて、毎週火曜に「敏感な個性」についての記事を更新しています。こちらからどうぞ。

子どもメンタル研究所 岡田奈美子(スクールカウンセラー)

敏感・HSP・HSC・ひといちばい敏感な子・不登校・エンパス・インディゴチルドレン・クリスタルチルドレン・発達障害・ADHD/ADD(注意欠陥・多動症)・ASD・自閉症・自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群・小学生・中学生・カウンセリング・アダルトチルドレン・相談

PAGETOP