HSCとクリスタルチルドレン(orインディゴチルドレン)の違いは?

こんにちは、岡田奈美子です。

私は、敏感で感受性がゆたかな子どもたちに多く出会います。

小学校・中学校のスクールカウンセラーでもあります。

はじめて敏感な子たちに出会ったのは、学校のカウンセリングルームでした。

「先生や親御さんが不安がるように

生きづらいこともあるほどの敏感さをもった子どもたち。

不登校になる子や、疲れやすい子もいるけれど

優しくまっすぐで、争いが苦手で平和を愛する子たち。

発達障害とは異なり

深くて細やかな心のコミュニケーションができる子達なのです。

でも大人には、理解できない言動がたくさんある。

この子たちを、心配している親や先生にどう伝えよう?

どうすれば、この子たちが楽しく過ごせるようになるんだろう?」

それはもう一生懸命思いめぐらせました。

その頃

エレイン・N・アーロン博士の「HSC(HSP)」と

ドリーン・バーチュー博士の「クリスタルチルドレン・インディゴチルドレン」という言葉に出会いました。

HSC(HSP)については「敏感で繊細なHSC・HSPって?」もご参照下さい。

人の気持ちを感じる能力が高い敏感な人を「エンパス」という方もいます。

それぞれ提唱した人が違うので、定義は異なりますが、敏感という点ではどれもが際立っています。

私はこうした敏感な子どもたちを「敏感ちゃん・君」と呼んでいます。

 

 

私が出会った敏感なちゃん・君の特徴のいくつかは

・感性がやわらかくて豊か
・ピュア(純粋)で優しいが、芯はしっかりしている
・争いが苦手で、平和主義
・傷ついている人に寄り添う天性の癒し人
・人の気持ちに影響されやすい
・人ごみに行くと頭痛など体調をくずしやすい
・不思議な力や能力がある
・自然や動物とのつながりが深い
・エネルギーに敏感(直観力がするどい)など

「そうそう、うちの子のこと」と思われる方も多いかもしれません。

「かわいいというより、頑固で本物志向」「上から目線の大人が苦手」というタイプもいるでしょう。

これはいくつ当てはまれば、というものではなく、色々なタイプの敏感ちゃん・君がいるのです。

 

 

いくつかある敏感な個性の概念のうち

HSC(HSP)は科学的に証明されたものなので、学校の先生にも受け入れやすいです。

アーロン博士は、HSCを他の概念(第6感や不思議な力があるとする考え方・スピリチュアル等)と結びつけることをよしとされていません。

でも私自身は、敏感な子ども達と出会うなか

子どもと大人が、相手を想うあたたかい気持ちや、愛する力・つながる力が

不思議な経験をおこすことを何度もみてきました。

(でもその分、学校の先生になんて言おう?親御さんにどう説明しよう?と苦労しましたが)

まだ科学として証明されていないことも多いですが

私は科学者ではないので、私自身が実感した子どもの不思議な力を否定することなく、

それがいつか科学的に証明されることを楽しみに待ちたいと思っています。

HSCだけでも、十分な子どももいますが、その枠からあっさり超える子もいます。

お子さんを理解し、育てる親の愛情に、道は一つだけと決まっているわけではありません。

あなたが、どちらを選ぶかは自由に選んでください。

読んだときに「あっ、そうそう!」と違和感なく、こころに馴染む方を選んで頂くといいかと思います。

 

 

敏感な子があたたかく人を想う気持ちからおこす不思議な力を尊重したいので

HSCだけでなく、クリスタルチルドレンという概念も私は受けれいています。

でも多くの人に受け入れづらい言葉(転生・妖精など)は、敏感な子どもを理解する上でプラスにならない為、使うのを控えています。

子どもに不思議な力があるとはいっても

現実生活で、地に足の着いた生き方をしてほしいからです。

スピリチュアルには、色々な世界があり誤解もされやすいことは確かです。

でも本来スピリチュアルとは、天使や妖精がどうのだけの話ではなく

「あなた自身をしっかり生きる」ということ。

ちゃんと地に足のついた、まじめな世界なのです。

スピリチュアルなことは、目で見えないのですが

きちんと研究すると、とても理系な面があります(量子力学等)。

物理学でノーベル賞をとった方達が、極めていくと行きつくところでもあるようです。

科学とは、今まで証明できなかったものをこれから証明するためのもの。

今、証明できないからといって、否定することは、科学的な姿勢ではないですよね。

地球はうごかずに地球の回りを太陽や惑星がまわっていると信じ(天動説)、

地球も回っているという地動説を全く受け入れなかった時代もありました。

進化論を唱える人に

「変なことを言っている人」と思うことが普通の時代もありました。

長い歴史のなかで、真実なのに、それが見えたばかりに異端児としてつらい思いをした人たちがいたのです。

今は、テレパシーやタイムスリップを真剣に研究している物理学者もいるとか。

ちょうどこれを書いている時、

元ハーバード・メディカル・スクールの世界的な脳神経外科医であるエベン・アレクサンダー医師が、死後の世界はある(Newsweek  “Heaven Is Real”)と発表したニュースを観ました。

だから、今までの常識や価値観が通じない世界を批判・否定するのではなく

でも妄信的に依存するのでもなく

「へぇ~、そういうのがあってもいいな」と柔らかい気持ちで受けとればいいんじゃないか、と私は思います。

私たちは皆、しあわせを感じるために生きているのだから

知らないものを批判するのは、もう卒業してもいいのです。

(写真 Earl-Wilkerson)

批判されたり、わかってもらえないつらさを経験されてきた方は

その傷ついたこころをほんわり癒してあげましょう。

やり返すこともしないで

「でも本当のことなのに」と思いながら、ずっと耐えてつらかったですよね。

傷ついた気持ちをあたたかく癒して

これからは理解しあえる社会を、みんなで一緒に創っていきましょう。

(もしまた傷ついたら、いつでもすぐにほんわり癒してあげればいいのです)

 

 

産婦人科の池川明先生という方をご存知ですか?

胎児の記憶についての本を数多く出版されておられ、本には「前世」という言葉がでてきます。

前世については、賛否両論ですが「前世があるのかどうか」という議論に時間とエネルギーを使うよりも

私たちがこの世に生まれてきた意味、

今、敏感ちゃん・君(クリスタルチルドレン・エンパス・HSC)が、たくさん生まれている意味を知ること、

そして私たちが、もっと自分らしく自分の個性を周りの人達と分かち合い

一緒にしあわせになっていける人生を歩むために

役立つ人は、知っておくと楽しいと思います。(個人の自由選択ですよね)

敏感な子ども達と接して、私も日々実感していますが

子ども達は

「お母さんをはじめ、皆としあわせに生きたい」と願ってこの世に生まれてきています。

それを一緒に叶えていくのが、

親として、最高の子育てなのではないでしょうか?

クリスタルチルドレンは、これからどんどん増えてきます。

(インディゴチルドレンは、クリスタルチルドレンの1つ前の世代なので、もう生まれないそうです。インディゴも、こころの成長次第で、クリスタルへ成長していけるとのこと)

これから、今までの常識・価値観が通じない世界になっていくことで

「否定して、今の状態を維持しようとするコース」と

「おどろきながらも、自分が成長することで、受け入れていくコース」の2つにわかれるでしょう。

あなたがどちらに行くのかは、あなたが選べます。

敏感なお子さんが生まれてきたのなら

子どもに導かれるようにして、大人は受け入れる道へ向かうかもしれません。

芸術センス・とてもピュアな感性をもつ大人は、(実年齢は関係なく)すでにクリスタルチルドレンです。(もし芸術関係でないのなら、敏感すぎて、現実生活はしんどいものだったかもしれません)

 

 

クリスタルチルドレンに関しては、世界中の多くの人が研究しています。

地に足のついた、現実的なクリスタルチルドレンが育つように私は活動をしています。

もしよかったら、あなたもどうぞ仲間に入ってください。

クリスタルチルドレン・レインボーチルドレン達と生きる世界を創っていきましょう。

子どもメンタル研究所 岡田奈美子


スピリチュアルな世界になじみのある方はドリーン・バーチュー博士のHPをみると興味深いかもしれません。

敏感・HSP・HSC・ひといちばい敏感な子・不登校・エンパス・インディゴチルドレン・クリスタルチルドレン・発達障害・ADHD/ADD(注意欠陥・多動症)・ASD・自閉症・自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群・情動障害・小学生・中学生・カウンセリング・アダルトチルドレン・相談

PAGETOP