大好きなママへ 敏感で繊細な子(HSP・HSC)からの手紙

こんにちは、岡田奈美子です。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

これからもっと、敏感な子のステキさが広く知られていくといいな、と思っています。

今日は、敏感な子どもから、大好きなお母さんへの手紙です。
(あっ、お父さん、ごめんなさい。あと血のつながりがなくても、思いは同じです^^)

%e6%89%8b%e7%b4%99%e3%81%a8%e8%8a%b1%ef%bc%92

〖大好きなママへ。

毎日、おいしいご飯を作ってくれて、ありがとう。

いつも私のこと、気にかけてくれて、ありがとう。

「しあわせになってほしい」って願ってくれて、ありがとう。

ほんとに、私(僕)は、ママの子どもになってよかったなって思います。

 

一つだけ、伝えたいことがあります。

ママは、私がしんどそうな時、

私より、もっと悲しんで、しんどそうになります。

「子どもである私」を助けようと、ママは一生懸命がんばりすぎて、悩んでしまいます。

それは、私を愛しているから、というのは知っています。

でも、やっぱり、私がしんどい時は、

「この子は、ほんとうは大丈夫♪」って思っていてほしい。

 

だって、大好きなママががんばりすぎる時、

「子どもの私を何とかしてあげたい!」って悩む時、

ママは、幸せそうじゃありません。

私はね、ママを始め、周りのみんなと「しあわせになるために」生まれてきました。

できない時は、そうなれるよう、心をお掃除したり、

なれるように、心の向きを変えたいの。

心のお掃除をしないまま、心の向きを変えないまま、

ずっと悩み続けるママをみていると、

私は、「どうして私なんかが生きているんだろう?」って悲しくなります。

 

ママ、知っていますか?

悩むこころからは、しあわせな解決は生み出せない、ということを。

こんなことを子どもの私が言うと、

「子どものくせに」って聞いてもらえないので^^、

ここに書きました。

ママ、こころの状態が、一番大事なんだよ。

それが「私たちのこれから」を創っていくの。

 

 

私は敏感だから、しんどくなる時もあるし、悲しくなる時も人より多いのかもしれない。

感覚のセンターがとっても鋭いから、

他の人より、ささいなことでしんどくもなる。

でも、その分、敏感さや繊細さを大切にケアしていけば、

本当の私らしさで、私はしあわせになれるっていうこと、

そのことを、知っておいてほしいな、と思っています。〛

1・2月のご予約可能なスケジュールはこちらから。

 

ブログにて、毎週火曜に「敏感な子」についての記事を更新しています。こちらからどうぞ。

子どもメンタル研究所 岡田奈美子
(小・中学校スクールカウンセラー)

敏感・HSP・HSC・ひといちばい敏感な子・不登校・エンパス・インディゴチルドレン・クリスタルチルドレン・発達障害・ADHD/ADD(注意欠陥・多動症)・ASD・自閉症・自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群・小学生・中学生・カウンセリング・アダルトチルドレン・相談

PAGETOP