ひといちばい敏感な子と大人 発達障害との違いは?(HSP・HSC)

こんにちは、岡田奈美子です。(このHPは、第1日曜日20時の更新です)

敏感な子(HSP・HSC)は、

大人からみると「うん?なんか普通とちがう反応をする子だな・・・」と感じるところがあります。

「かわいいんだけど、いちいち面倒くさいよ」とか(笑)、

「扱いづらい」とか。

 

 

今、発達障害という言葉が広く知られてきました。

だから、「うちの子って、もしかして今よく聞く“発達障害”かも?」と思われる方も多いんですね。

大人の人も、「あれ?じゃあこの性格は発達障害?」と思うことも。

私は、小・中学校でカウンセラーをしているので、

学校で、敏感な子、発達障害の特性の高い子、両方の個性の子によく出会いますし、

ご両親とも面談を頻繁にしています。

個人でしているセラピーでは、

主に、敏感な個性の本人と、その親御さんにたくさんお会いしています。

(日本中、敏感な人って本当にたくさんいますよ♪そんな子人と子どもの成長と活躍が、私はとっても楽しみです^^。)

ただ、時々、個人セラピーで、

「うちの子は敏感みたいで・・・」とおっしゃって来られる場合でも、

「うーん?敏感な個性かな???」と思われるタイプのお子さんのケースがあります。

どちらかというと、発達障害の特性が高いとみられる場合です。

そんな場合は、発達障害について大切な知識と適切な関わり方、必要であれば、検査と診断の違いなどをお伝えしています。

(「診断」は、お医者さんがするものですが、全員が診断を受けるべき!というわけでもありません。「検査」だけでも十分な場合もあり。)

 

 

敏感な個性と発達障害、その人の反応は、一見同じ「過敏」にみえるかもしれません。

かんしゃくを起こす、

引きこもる、

しんどくなって、学校に行きたがらない、

気持ちの上がり下がりが、とっても大きい等。

でも原因となった個性を、深くみていくと、

敏感な個性と、発達障害の特性は、やっぱり違うんですよね。

だから対応策も違います。

 

敏感な個性だと、

発達障害の特性のリストをみていると、

「当てはまっているところも一部あるけど、でも当てはまらないところの方が多いな~。」とか、

「人の気持ちを読み取るのが苦手?それは全く違うわー。読み取りすぎる、というのなら当たっているけれど」とか、

「たしかに過敏だけど、実年齢以上にしっかりしているし、とにかく優しいんだよねー。」とか、

「強い思い込みとか、激しいところがあるけど、けっこう筋は通っているんだよね・・・。大人びた発想ができるし。かといって自閉症スペクトラム(旧アスペルガー症候群)のような感じでもなくて・・・・」

そんな思いが色々とでてきます。

 

 

敏感な個性と、発達障害が原因で起こる問題や悩みは、意識の上でよくしようとしても、簡単にはいきません。

敏感な個性の場合、「気にしないでいこう!」と言われても、気になりますし、

「傷つくのはやめよう!」と思っても、傷つくからです。

だって、わざとやっているわけではないから^^。

だから、敏感な個性が住んでいる「無意識(潜在意識)」と仲良くすることが、一番いいと私は思っています。

私自身も、悲しいことがあった時、とっても凹みます><。

大人なのに、この人、大丈夫?って驚かれるくらい^^、気持ちが荒れて、泣いたりもします(人前では一応抑えますが)。

「そんなの考えたって、起こったことはしょうがないでしょ!」と言われても、

悲しいものは悲しいし、自分の大切な気持ちにウソはつけません。

(中学校では、ばっさり気持ちを変えることができる人を評価する傾向が^^)

そう、敏感な個性の人は「うそをついて生きる」ことをしません。

これは、よく誤解されますが、「弱点」ではなくて、「強み」です^^。

 

悲しい気持ちはごまかせないし、「なかったこと」にはできないのです。

だからこそ、潜在意識(無意識)から「今、悲しみを感じているこころ」を癒して、

自然に「そっかー。昨日は悲しかったけど、なんだか心が軽くなったよ」と心が変わっていける生き方、

敏感な個性には、こういう方が合ってるかな、と感じます。

 

 

一方、発達障害の場合は、脳の認知機能の働きが原因とされています。

だから、意識的にトレーニング・訓練をすることが効果的と言われています。

もちろん、一部には革新的に、潜在意識に働きかけるアプローチをとる方もおられるでしょうけどね^^。

こうして文面で説明すると、硬い印象で、わかりづらいかも?と心配ですが(笑)、

 

一番大事なことは、

敏感な個性or発達障害の特性、

自分や子どもがどちらなのか、というだけで済むことではなくて、

その人にしかない大切な個性や特性で、

「本人がしあわせに、周りと生きていく」ことができるように、

これが、一番の軸だといつも覚えておいてくださいね。

セラピースケジュールはこちらから。

敏感な個性でしあわせになるブログ(火曜日更新)

子どもメンタル研究所 岡田奈美子

(小・中学校スクールカウンセラー)

敏感・HSP・HSC・ひといちばい敏感な子・不登校・エンパス・インディゴチルドレン・クリスタルチルドレン・発達障害・ADHD/ADD(注意欠陥・多動症)・ASD・自閉症・自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群・小学生・中学生・カウンセリング・アダルトチルドレン・相談

PAGETOP