「ひといちばい敏感な子」の思春期、どうすればいい?

こんにちは、岡田奈美子です。

エレイ・N・アーロン博士の「ひといちばい敏感な子」(明橋大二先生訳)、お読みになりましたか?

「あ~、うちの子は敏感なんだ。わかってよかった。」とホッとした方も多いかもしれませんね。

 

p、375に、「思春期は、意外と手がかかりません」とあるのですが、

これって、アメリカと日本では、小学生・中学生の精神年齢がちがうし、文化の背景もかなり違うので、

ちょっと当てはまらないかな?、と感じるところがあります。

(この本は、小さい子がメインに書かれていますよね)

アメリカでは、中学生の問題って、アルコール、ドラッグ、セックスなど、行動的で、派手なのが多いんですかね?

たしかに、アメリカ映画をみていても、そうなんだと思うこともありますが。

敏感な子は、こういうことを嫌う子が多いので、アメリカでは、中学生以上になると、「意外と手がかからない」のかもしれませんね。

 

日本では、ちがいます。

日本の中学生って、アーロン博士の本のなかの小学生の方に入るような感じがします。

自分への価値が低いのをサポートして、本当の自分の価値に気づけるようにする、など、

日本の敏感な中学生には、とても大切です。

不登校って、やっぱり「自己価値」が大きく影響しますから。

 

また日本の中学生の時期って、

女の子は、グループをつくって、「群れる」ことに絶対の意味をもつようになりますし、

自分が仲間外れにならないよう、いつも計算して動いたりします。

 

男の子は、男性性が成長してくるので、攻撃性が増してきます。

また、縦社会を重視しますので、それに加わらない子には、容赦ない言動をしたりもします。

敏感な子って、こういう思春期ならではの、未成熟な集団が苦手なんですよね^^。

考え方が大人びていて、こういう仲間に入る気がしないと拒否する子、

「こわくて入りたくないし、入れない」と、こわがる子、

「今日、友達でも、明日は仲間はずれにする・される」というような不安定な人間関係に嫌気がさす子など、色々いますが。

 

敏感で、人の気持ちがわかりすぎるくらいわかる子には、思春期は、しんどいかもしれません。

なぜなら、周りが成長中で不安定なまま、ぶつかりあうわけで。

「見ているだけで、疲れるー」、そんなことを言う子もいます。

でも、そんなことをしっかり客観的にみられるのも、

不安的な人間関係をみて、疲れるのも、

「あ~、悲しいな。もっと仲良くできないの?」という、とても優しい気質だから。

気づかないのなら、一緒にやってますよ。

いじわるとか、仲間外れとか。

そんなことしないで、悲しんでみているのは、やっぱりステキな個性だから。

それをしっかりわかってほしいですね。

そして、そんなステキな個性であることを、周りの大人たち、

親や学校の先生が、わかっていてくれること、

これも、とっても大事です。

思春期に、しんどくなる敏感な子は、

「あなたは、たしかに敏感。

でも、だからこそ、あなたにしかできないことがあり、

その優しさや気遣いができるのは、すばらしい個性だよ」と、

大人が伝えることで、子どもの自己価値が高く(というよりも)本当の自分の価値に気づくことができますよ。

ブログの先週のテーマは、「敏感な個性は、遺伝?家庭環境?」です(こちらをクリックして下さいね)。

子どもメンタル研究所 岡田奈美子

敏感・HSP・HSC・ひといちばい敏感な子・不登校・エンパス・インディゴチルドレン・クリスタルチルドレン・発達障害・ADHD/ADD(注意欠陥・多動症)・ASD・自閉症・自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群・小学生・中学生・カウンセリング・アダルトチルドレン・相談

PAGETOP