敏感で繊細な個性 HSP・HSCって?

こんにちは、岡田 奈美子です。

敏感な個性についての最新記事が「最新記事をメールで購読」にメールアドレスを記入して頂くと、お手元に届きます。

パソコンでは、HPの左側の一番上、 スマホでは下の方)

 

私は、生きづらい・孤独感・不登校・人の気持ちがわかりすぎて疲れる等の悩みがある、

多くの子ども・大人達と関わる中、あることに気づきました。

問題や悩みの原因が、とっても敏感で繊細な個性だということ。

イルカ

敏感さがよくないのではありません。

敏感な個性には、プラスの面とマイナスの面の両方があります。

なのに、マイナスの面ばかり強くでて いたのです。

そしてプラスの面は、本人・周りの大人達も気付かないままでした。

敏感で繊細な個性のマイナス面をやさしくほどき、

プラスの面が輝くよう関わると、

その人たちは、自信をとり戻し、明るい笑顔になりました。

そして、すばらしい個性を発揮し始めました。

同時に、私は敏感さをいかした人間関係のやり方も伝えました。

すると、生きやすくなったり、学校に行けるようになったり、うれしい変化が起きました。

 

子どもが敏感な場合は、

親御さんに、敏感な個性のプラス面と、サポートが必要なマイナス面のケアの仕方を お伝えし、

親御さんが、「うちの子の敏感さ」に安心して関われるようになりました。

その時、私は思いました。

     「敏感で繊細な個性は、

                 “問題”ではなく、“すばらしい能力”にもなる。要は活かし方♪」

その後、エレイン・N・アーロン博士の

「The Highly Sensitive Person(とても敏感で繊細な人)」
「The Highly Sensitive Child(ひといちばい敏感な子)」明橋大二先生訳、

ドリーン・バーチュー博士の「クリスタルチルドレン」という本に出会いました。

またヴァイアナ・スタイバルのシータヒーリングで

「インディゴチルドレン」「レインボーチルドレン」という存在を知り、

敏感ですばらしい個性について、確信を深めました。

  • エレイン・N・アーロン博士が提唱したHSP・HSC
  • ADHD(注意欠陥・多動症)・ADDの特質と似ているインディゴチルドレン
  • ASD(自閉症スペクトラム)の特質と似ているクリスタルチルドレン
  • 人の気持ちがわかりすぎて、自分がしんどくなるエンパス

みんな、今までの人が想像もつかないほどの個性をもって生まれています。

それぞれ重なる特性もあり、厳密にどの分類に入るのかわかりづらいかもしれません。

「私(orうちの子)はどれ?」と分類だけにおわらず、

あなたやあなたのお子さんにしかないステキな個性を理解し、

発揮できるようにすることが一番大事です。

 

 
一見すると、傷つきやすく、生きづらい性格にみえる人たち。

・ 優しくて人の気持ちがわかりすぎ、しんどくなる

・集団生活のなかで遠慮しがちで、自分の個性を発揮できない(orしない)

・こだわりがあり、生きるのには不器用で、正義感が強い

・本物を見抜く力が、生まれつき備わっている

・地球の人間の生活がよくわからなくて、馴染めず、孤独感をもっている等。

 

「どうして私(僕)なんか生きているの?」

敏感で繊細な人は、誤解されやすいのです。

親でさえ、わかりづらいことがいっぱいあります。

敏感な人は、わかってもらえずに、

自分が生きていることに、罪悪感や無価値感をもち、悩みます。

そんなわが子をみて、親も罪悪感や焦り・悲しみを感じます。

学校の先生にも、社会に出ても、そういう個性は「しんどい人」と誤解されやすいかもしれません。

でも、「問題」となった個性は、実は「すばらしいもの」でもあります♪

ただ本人も周りも、個性を輝かす方法がわからないので、「問題」扱いになっているだけ。

この人にしかない「オリジナルの個性」に、どう接すればいいかわからないだけなのです。

 

 
例えば、たくさんの水や火は、使い方を謝ると、洪水や大火事になり、大きな被害がでますよね。

でも、上手に使うと、たくさんの水は、多くの植物や人を癒し、育てることができます。

大きな火は、大勢の人を暖めてくれます。

こんなふうに個性だって、使い方を学ぶと、

自分と周りをしあわせにすることができるのです。

 

敏感で繊細な子ども・大人を「困った子」「弱い性格」とみるのではなく、

  • 今までの心の傷を癒すこと
  • 個性のプラス面を正しく理解すること
  • サポートが必要なマイナス面に、サポート方法を学ぶこと等、

 

その人の個性に合った方法を学ぶと、

敏感で繊細な子どもや大人は、自分にしかないあふれる個性を発揮し、

周りと幸せにシェア できるようになります。

もちろん、全く傷つくことがなくなるわけではありません。

深く傷ついたり、落ち込んだりすることはあるでしょう。

(だって人間だから)

でも、また「自分らしい軸」に戻ればいいのです。

敏感な人らしい「柔らかい自分の軸」を作るということ。

 

 
ポイントは、

あなたの心にいる「敏感ちゃん・君」をもっと愛してあげましょう♪

「敏感ちゃん・君」は潜在意識(無意識)のなかに住んでいます。

 

お子さんが敏感な場合は、

親のあなたの心にも「敏感ちゃん・君」がいます。

その子をもっと仲良くなりましょう♪

すると、子どもに鏡のように映り、子どもが元気になります。

 

 
本来、敏感で繊細な個性は、

その人自身と周りを幸せにするために授けられたもの。

敏感さに合った、自分や子どもへの関わり方を学ぶことで、

敏感で繊細な個性の子どもと大人は、もっと伸び伸び自由に 生きられます。

「敏感?それとも発達障害?」の記事はこちらから。


エレイン・N・アーロン博士のHSP・HSCのチェックリストの掲載許可を頂きましたので、下にリンクをはっておきます。

でも、大切なのは、チェックリストに当てはまって「やっぱりHSP・HSCだった」と わかった後の対応です。

「HSPだから、つらくても仕方ない」「しんどいのは、この個性だから」ではないと私は 思っています。

本人がしんどい状態にあったり、周りとぎくしゃくしているのは、

せっかくの個性を生かしきれていないのです。

すばらしい個性を、周りと幸せにシェアできるようになること、

これが、敏感で繊細な個性の人の生まれてきた「生きるテーマ」です。

個人セラピーでは、お子さんの生まれもった魂の個性を、どう輝かせていけばいいかをお伝えしています。

私自身、敏感な個性のセラピスト・スクールカウンセラーですので、

私が実践している、「HSC・エンパス達の敏感ちゃん・君の生き方のコツ」もお伝えしますね。

毎週火曜日に、「敏感な子どもと大人がしあわせになるための記事」を書いています。こちらから。

子どもメンタル研究所 岡田 奈美子

【アーロン博士のHSPチェックリスト(大人用)】

【アーロン博士のHSCチェックリスト(子ども用)】

【アーロン博士のHSSチェックリスト(刺激追求型)】

(個人的な印象では、HSS・インディゴチルドレンは、ADHDの診断をされることがあり、

HSP・HSC・クリスタルチルドレンは、自閉症スペクトラム(旧称アスペルガー症候群、旧称自閉症)と診断される場合があるよう です。

敏感さと発達障害の両方の傾向をもつ人もいます。)

 

PAGETOP