不登校・引きこもりでお悩みの方へ

こんにちは、岡田 奈美子です。

「1人で閉じこもっていないで、外にでればいいのに」
「がんばって一歩出れば、変わるのに」

不登校や引きこもりをしている子どもや大人に、周りの人達がこう言うのを時々ききます。

でもね「できない」「したくない」ことには、ちゃんと理由があるのです。

 

なんとか外に出そうとするのではなく、又あきらめるのでもなく、

心の深くにある理由を理解し、的確なサポートをすることで、「できない」「したくない」理由がほどけていきます。

すると内にこもっていた気持ちが、少しずつ外に向き始め、現実の生活に変化が現われます。

植物の種と同じで、その種に合った条件がそろうと、発芽する元気がでてくるのです。発芽

 

 

 

 

 

その為には、その子がどんな個性なのかを理解する必要があります。

不登校や引きこもりをしている人のことを「弱い性格」・「世の中のいやなことに耐えられない」「臆病な子」等と思っていませんか?

違うのです。

本当は、とても優しくて、我慢強い人が多いんです。

でなければ、じっと家にいることなんてできません。

例えゲームばかりしていても、本人は幸せではなく、苦しいのですが、それでもじっと我慢しています。

ただ、優しくて我慢強い性格を、「自己犠牲」で表現している場合があります。

そんな場合は、自分を外へ現すことができるように、無意識レペルから本人の意識の変化が起きるようなサポートが大切です。

 

また敏感で、賢く(勉強というより、心の知恵が鋭いタイプ)、優しい割に意外と頑固な人が多いです。

そこまでわかっているの?と、ビックリするくらい、実は色々なことを見抜いています。

でも、敏感で繊細な個性は、柔らかく、傷つきやすいので、弱いと誤解されやすいのです。

本人も、自分の個性を悪い・弱いと誤解して、自分を隠しています。

自分の悪いところばかりみて、自分を責めている状態です。
だから、動こうにも動けないのです。

解決法として、

  1. 自分を責めることをやめられるよう、無意識(潜在意識)レベルからサポートすること。
  2、周りと本人が、敏感で繊細な個性のすばらしさを知り、いかせるように関わる方法を学ぶことです。

すると、頭で考えすぎ行動に出られない原因が、深いレベルで優しくほどけていきます。

 

 

不登校・引き込もりをしているお子さんには、HSP・HSC(敏感で繊細)の特性が多いです。

HSP・HSCは、敏感さのプラス面を理解すること・適切な関わり方を学ぶことで、素晴らしい個性が現われます。

HSP・HSCについては、「敏感な個性 HSP・HSCって?」もご参照下さいね。

「不登校になる子って、人が嫌いなのですか?」と 以前、学校の先生から聞かれたことがあります。

家へ迎えに行っても、絶対学校に来ないし、会ってさえくれない。

「これは、相当人嫌いだ」と思ったそうです。

それが、全然ちがうのです。

むしろ人との深い繋がりを大切にし、人を愛するのが好きだと私は感じます。キス 動物

 

 

 

 

人との関わり方が、わかりづらいですが、とても繊細です。

本来は、優しくて、困っている人に手を差し伸べる人です。

ざっくり浅く付き合うことが苦手で、恥ずかしがり屋、そして意外と情が厚い人でもあるんですよ。

ですが、何らかのきっかけで、自分が生きること、他の人達と関わることに自信を失ってしまった、

そのことで、「もうだめだ」と閉じこもっている場合があります。

こういう状態で自分を責め、傷つき、一人ぽっちの気持ちでいることが多いように感じます。

「こんな私(僕)、生きていても、仕方ないんじゃないか。
お母さん達を悲しませて、ごめんなさい。

だけど、私(僕)はどうしていいかわからない。
私(僕)なんて、生まれてこなければよかったのに。」

こんな気持ちでいる時に、「がんばって、学校に行ってみよう!」と励まされても、

「学校に行かないなんて、弱い子だ。育て方を間違ったのか?」と心配しても、 子どもに、前へ向く力はでません(何才でも同じです)。

この状態だけをみると、周りからは、人嫌いにみえるかもしれませんね。

ASD(自閉症スペクトラム)・ADHD/ADD(注意欠陥・多動性障害)・アスペルガー症候群の特性をもつ人も(最近、名称の分類が変わりましたが)、

傷つきすぎた為に、過敏な言動をして、発達障害のマイナス面が大きくでていることがあります。

(発達障害には、とても鈍感な特性と、とても敏感な特性が混ざっていることがあります。)

大切なことは、そんなに傷つくほど、本当は、人との繋がりを大切にしている人だということ。

人との関係がどうでもよかったら、傷つくこともなく、毎日どんなことがあっても気にせず過ごせるはず。

大切に思うから、些細なことで傷ついて、自信を失い、人との関係を絶ってしまうのです。

だから、

  • そんな傷ついた気持ちを深いレベルで癒すこと、
  • 本人と周りが、本来の個性のプラス面を理解し、心から受けとること、
  • 個性のマイナス面のサポート方法を学ぶことで、

本人のやる気が自然に湧き、外へ出ていく力がつきます。

「子どもがこんなことになったのは、親の育て方が悪かったのか?子どもの性格が弱いのか?」と悩んではいませんか?

不登校や引きこもりを解決するには、誰が悪いのか?弱いのか?という考え方では解決しにくいのです。

これからお子さんに合った関わりをすることで、解決・改善に向かいます。

子どもは、親に完璧な子育てをするように求めてはいないのです。

むしろ未熟な大人だからこそ、子どもは一緒に成長したいと、あなたのところへ生まれてきました。

子どもと大人、お互いが学び、成長する為に、今回の問題があります。

子どもが一緒に乗り越える人生のテーマをくれている、本当はそういうこと。

ご自分を責めないで、この問題がくれた意味を理解し、子どもと一緒に成長しましょう。

親の心が変わると、子どもの心にも変化が訪れます。

これから子どもの生きる力が芽吹くのをサポートしていきましょう。

そして、本当は子どもだって、親を導いていることに気づいてみて下さいね^^。

親と子どもは、心の関係では、対等なのです。

「うちの子の問題はいつ解決するのか?」と悩むだけではなく、「うちの子にはこんな個性があったんだ♪これからどう輝くのだろう?」

こんな風に、宝物を発見するような気持ちになることで、子どもにも、前へ進む力が湧いてきます。

子どもの個性に合った関わりを学び、子どもと一緒に成長していきましょう。

           子どもメンタル研究所 岡田 奈美子

親子の鳥

PAGETOP