セラピスト紹介

こんにちは、岡田奈美子です。

敏感な子どもと大人

HSC・HSPクリスタルチルドレンエンパスインディゴチルドレンなど)の

生きづらい悩み・不登校・孤独感・問題行動・発達障害の疑いなど

敏感ならではのつらい問題を癒し、

個性をいかして、その人らしくしあわせに生きるためのサポート活動をしています。

公立の小学校・中学校のスクールカウンセラーでもあります。

(写真 helmuthess)

私は生まれた時から、こわがりで、敏感な子でした。

変化が苦手で、入学式やクラス替えの度に「学校、行きたくない~!」と大泣きし、母を困らせていました^^。

学校の予防接種の時には

順番に並んで待っているときに、注射をされる子をみるだけで、泣いて固まってしまう子どもでした。

(痛いというみんなの雰囲気を感じて、こわさでいっぱいになるんですね。まだ自分は注射されていないのに^^)

母は、敏感でこわがりな私のことで

保健所で「お母さんの愛情不足です。もっと構ってあげて下さい」と言われたりもしました。

(今でもこんな誤解がありますね)

 

でも今は、

そんな敏感さのナイーヴなところを毎日きちんとケアして、

ステキなところをいかし、敏感な個性と仲よく生きています。

敏感でしんどい面が、全くなくなるわけではありません。

 

思い切り傷つくことはあります^^。

でも、だからこそ、そこから人生の意味を感じとり、

立ち上がり成長していく柔らかい強さを

「敏感」という個性のおかげで、学ぶことができていると感じています。

自分のこころの中の「敏感ちゃん・君」に

ほんわりとケアをすると

自分の柔らかい中心に戻っていくことができます。

 

 

大人になってから

教育関係の仕事を通し、その人にしかないオリジナルの個性が輝いて成長することのすばらしさを知りました。

それが可能になるのは、その人にとって、いい出会いがあるかどうか。

そのサポートができるなら、とスクールカウンセラー・セラピストの道へ。

スクールカウンセラーになり、不登校をしている子、傷つきやすい子ども達に多く出会いました。

真剣に関わるうち、ものすごいことに気づきました。

「弱い子」「問題のある子」「しんどい子」といわれて会ってみると・・・。

その子達は、とてもピュアで、優しい敏感な個性だったのです。

 

弱すぎて、現実から逃げているといわれた不登校の子は、

だれよりも我慢強くて、家族思いの子でした。

攻撃的な子は、

深いやさしさを隠していた器の大きい子。

周りが理解できない言動をしていた子は、

発達障害ではなく、感受性が豊かで、芸術センスのある子。

私には、その子達のすばらしい個性がみえるのに、

本人も周りも気づかないままになっていました。

①敏感さのマイナス面をケア

②プラス面が輝くようにサポート

すると

その子達は、自信をとり戻し、明るい表情になりました。

親は「マイナス面にはこう対処すればいい。

うちの子に、こんなプラス面があるなんて!とっても嬉しい!」と

安心して子育てできるようになり、

不登校や生きづらい悩みが解決・改善していきました。

繊細で傷つきやすく不登校だった子は、

自分のやわらかな感性をいかして、クラスの癒しの存在になるほど。

敏感な子どもに悩んでいた時は、

家族がバラバラになっていたのに、

結局その子のおかげで、

家族がもっと仲良くなれたケースもかなりあります。

(これが、敏感な子のすごさです♪)

敏感ちゃん・敏感くんは、扱いづらそうですが

本当は、魅力を秘めた存在です。

 

もしあなた自身が、敏感な大人なら、

HSP、エンパス、インディゴチルドレン、クリスタルチルドレンのいづれであっても、

あなたのこころの中(潜在意識または無意識)には

「敏感ちゃん・君」という敏感な子どもがいます。

①その子たちを癒す

②ケアして、毎日たっぷり愛する

すると

あなたの人生は、もっとラクに楽しいものになっていきます。

たしかに、

敏感な人は、ささいなことにも傷つき、

人のなかにいると、疲れやすい。

でもそれは、類いまれなピュアさがあり、

本物を見抜く力があるからこそ。

潜在意識をキレイにお掃除し、

ホンワリとしあわせにしてあげると、

外の世界にも、それが映し出されていくのです。

つまり、あなた自身が自己犠牲をやめて、しあわせになっていけるということ。

(この辺は、宇宙物理学の法則の話です。

詳しくは、ワークショップ・セラピーでお伝えしています。)

有料 男の子

だから、今、お子さんが敏感すぎて、しんどい状態であっても、

親として、どうしてあげたらいいかわからなくても、

あなた自身が、敏感すぎて疲れやすくても、

大丈夫、必ず、道はあります。

それは、子ども自身とあなたのなかにあるのです。

敏感な個性は、本来

子ども自身と周りをもっとしあわせにするために

授けられたものなのです。

自己犠牲をやめて

敏感なすばらしさを生かせるように、

敏感な子どもを育てていきましょう。

あなた自身の「敏感ちゃん」「敏感君」を育てましょう。

すると、少しずつでも、未来は変わってきます。

子どもメンタル研究所 岡田 奈美子

PAGETOP