セラピスト紹介

こんにちは、岡田奈美子です。

敏感な子どもと大人(HSC・HSP)の悩み・不登校・発達凸凹(発達障害)に関する悩み・いじめ問題・今どきの敏感な子どもの問題から、

その個性をいかし、その子らしくしあわせに生きるための活動をしています。

公立の小学校・中学校のスクールカウンセラーでもあります。

私は、生まれた時から、こわがりで、敏感な子でした。

“変化”が苦手で、入学式やクラス替えの度に、いつも大泣きして、母を困らせていました^^。

学校の予防接種の時には、順番に並んで待っているときに、注射をされる子をみるだけで、泣いて固まってしまう子どもでした。

(痛いというみんなの雰囲気を感じて、こわさでいっぱいになるんですね^^)

でも今は、そんな敏感さのステキなところをいかしつつ、自分の個性と仲良く生きています。

 

教育関係の仕事を通して、その子らしさという個性が輝いて成長することのすばらしさを知りました。

それが可能になるのは、その人にとって、いい出会いがあるかどうか。

その成長のサポートができるなら、とスクールカウンセラー・セラピストの道へ。

スクールカウンセラーになり、不登校をしている子、傷つきやすい子ども達に出会いました。

真剣に関わるうち、ものすごいことに気づきました。

大人から「弱い子」「問題のある子」「しんどい子」と紹介されて会ってみると。

実は、その子達は、とてもピュアで、優しくて、敏感な個性の子達だったのです。

私には、その子達のすばらしい個性がみえるのに、本人も周りも気づかないままになっている。

プラスの面が眠ったままだと、マイナスの面が大きくでて「問題」になっている、

このことにも気づきました。

その子らしいプラスの個性が輝くようにサポートしていくことで、

その子達は、自信をとり戻すことができ、明るい表情になりました。

同時に、不登校やいじめ、対人関係の悩みなどが解決・改善していきました。

 

そして、もう一つのことに気づきました。

子ども達は「問題」をおこすことで、

今までの生き方を、私たちに見直す機会を与えてくれているのです。

その結果、家族がより仲良くなったり、クラスのみんなや先生の考え方が変わる機会になったり、

結局、その子の周りにいる人達も、しあわせの方向へ変化・成長できることになりました。

 

子どもは「この子が問題。しんどい子」ではなく、

周りの人の意識をより高いレベルへ変えてしまうほどの大きな存在なのです。

大人は頭もかたく、なかなか自分では変えられないので^^、

今どきの子どもは「問題」を起こすことで、「ほら、ここを変えようよ」と教えてくれているのです。有料 男の子

 

子どもの可能性ってすごい!と日々、発見し、おどろかされる毎日です。

 

子どもと大人、それぞれすばらしいところを伝え合いながら、

これから一緒に成長していけば、みんなもっと自分らしく生きていける、

こんな世界になると思っています。

だから、今、お子さんがしんどい状態であっても、

親として、どうしてあげたらいいかわからなくても、

必ず、道はあります。

なぜなら「問題」は、子どもと大人の成長を促す為に、起きるものだから   。

なぜ「問題」が起こったのか、どうすればからまった状態がほどけていくのか、

その子に合ったアプローチをしていくことで、

子どもと大人、それぞれが個性を発揮しながら、輝いていけるのです。

       子どもメンタル研究所 岡田 奈美子
       (小学校・中学校 スクールカウンセラー)親子の鳥

PAGETOP