よくあるご質問

~よくあるご質問~

〇敏感な性格は治りますか?

敏感な性格は、人と違うところがしんどそうなので、できるなら直したい、または直してあげたいと思いますよね。

実は、短所=長所で、表裏一体です。

敏感を抑えようとすると、本来の個性を抑えるので、幸せに生きられなくなります。

まず、敏感な個性のすばらしい面を知り「こんなステキな個性なんだ」と自覚することが大切です。           (写真 lorenkerns)

すると真っ黒だったオセロのコマが、パタパタと白に変わるように、こころが明るく変わります。

そのあと適切なケアや関わりをすることで、しんどい部分が、治まります。

敏感な人は、とても優しいので、人の気持ちがわかり、寄り添い、愛情いっぱいで人に接します。

そんな個性の人に「人のことを考えず、まず自分のことをしてね」と伝えても、心には入りません。

この敏感さで、自分と周りをしあわせにできるんだ♪という自信をつけること、これが大切です。

その後でなら、少しずつ直していくこともできます。

「よくない個性」「直すべき個性」と思っているうちは、逆に直りづらいもの。

誰でも「あなたは間違っている!」と言われるよりも、

「あなたはこんなにステキなんだよ。だからこそ、ここを直した方がいいかんじゃない?」と言われる方が、

素直に聞こうという気になりませんか^^?

個性にも、そんな気持ちがあるみたいですよ。

 

〇個人セラピーでは、スカイプ・電話より、直接会う方が効果がありますか?

大切な気持ちは、直接会わなくても、伝わります。

だからスカイプ・電話でも大丈夫です。

特にこだわりのない場合は、便利な方を選んでいただいていいと思います。

私は、電話でしかお話ししたことのない方でも、家族のようにいつも感じています。

(後で「あっ、お会いしたことがないから、お顔がわからないんだ^^」と不思議に思うくらい、電話でも自然に話しています)

 

〇敏感なのは、親の私でなく、子どもなのですが、子どもがセラピーを受けるのを嫌がります。親だけでも大丈夫ですか?

敏感な人本人でなく、保護者の方だけでも大丈夫です。

私たちは、皆深いところでつながっていて、こちら(親)の関わりが変わると、相手(子ども)の気持ち・言動も変わります。                (写真 VS wallpapers)

ただ個人差はありますので、迷われる場合、一度お気軽にご相談下さい。

 

〇敏感な性格だから、不登校になりやすいのですか?

敏感な子は、感受性が豊かなので、その分傷つきやすい面があります。

それが、不登校にもつながることもあります。

でも、それは「敏感な性格だから」ではありません。

敏感な性格には、必ずプラス面・マイナス面があります。

問題が起こる時は、マイナス面が強く出てしまっている時です。

問題が「プラス面もあるよ。気づいて!」と教えてくれているのです。

「敏感な性格だから、不登校になった!」のではなく、

不登校は「敏感さが、ステキな個性だと気づき、使い方を変える」機会です。

敏感な性格で、学校生活を楽しんだり、自分らしく生き生き過ごすことはできます。

本来、敏感さは、あなたやあなたのお子さんを幸せにするために、授けられたものなのです。

他に「こんなことが知りたい」「こういう個性にはどうすればいいの?」等のご質問を受け付けております

お問い合わせは、こちらからお気軽に。

子どもメンタル研究所 岡田 奈美子

PAGETOP