発達障害じゃない?!敏感な子どもと大人(HSC・HSP・エンパス・インディゴチルドレン・クリスタルチルドレン・レインボーチルドレン)の生きづらい・不登校・発達障害(ADHD、自閉症等)という誤解は、敏感さを潜在意識からのアプローチで解決・改善

ホーム

 

こんにちは、岡田奈美子です。(このHPは、第1日曜の20時頃更新です)

 

最新記事をメールで購読」(パソコンでは、HPの左側の一番上、
スマホでは、下の方)で、最新記事が届きます。
~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 

今、とても敏感な人、とくに敏感な子ども達がふえています。

 

過敏すぎる、傷つきやすい、人の気持ちがわかりすぎてしんどくなる等

 

敏感さのよくない面ばかりがクローズアップされていますが、それだけではありません。

 

敏感な子の特徴のいくつかとして

 

・人の気持ちがわかる、こころを読む

・とても優しいが、芯はしっかりしている

・するどい直観力

・人生の智恵を知っている

・プライドが高い

・完璧主義(こわがりな面も)

・深くて細やかなこころのコミュニケーションができる

・平和主義で、争いが苦手

・大人には理解されにくい・誤解される等があります。

 

学校や家庭で、発達障害?と誤解されることもあります。(両方ある人もいます)

 

学校に行くと疲れる、学校が合わない、行く意味がわからない等、

不登校になる子たちも今、大勢います。

 

とてもピュア(純粋)でまっすぐなので、浅く生きることは苦手ですが

人間として深みのある、魅力あふれた個性です。

 

敏感で豊かな感性をもった人たちを、エレイン・N・アーロン博士は、

Highly sensitive person(HSP)・Highly sensitive child(HSC ひといちばい敏感な子)と提唱し

 

ローズ・ローズトゥリーは、エンパス(共感力が高い。人の気持ちを感じる力)と名付けました。

 

クリスタルチルドレンやインディゴチルドレンと呼ばれることもあります。

(名付けた人が違い、少しずつ定義が異なります)

 

 

敏感な子どもは

 

「魂レベル」の高い子が多いのです。

 

でも「こころ」と「からだ」は実年齢より幼いことが多く

 

バランスの悪さ・凸凹感が「もしかして発達障害?!」と思う理由でもあります。

 

私は、そんな敏感な子ども達を

 

「敏感ちゃん」・「敏感くん」と呼んでいます。

 

 

 

敏感な個性は、“敏感すぎて困る”だけではなく

 

その敏感さを生かしてこそ、自分と周りがしあわせになれるもの。

 

だからこそ「敏感さ」が子ども達に授けられたのです。

魂のレベルが異なる為、敏感ちゃん・君達には、今までの育て方・しつけが合わないことも多々あります。

 

子どもメンタル研究所では

 

敏感な個性で生じる問題や子育ての悩みの解決・改善へのサポート、敏感さをケアし、生かす方法を

 

セラピーとワークショップでお伝えしています。

 

また現役スクールカウンセラーとして

敏感な子によくある学校や先生との悩み、発達障害とのちがい等、役立つ情報をお知らせしています。

 

潜在意識の深いレベルから、もっと敏感な個性と仲よくなり

 

「この子(私)は敏感だからこそ、この子(私)らしいステキな人生を送れる」

と思えるようになっていきましょう。

 

毎週火曜日に「敏感な子どもと大人がしあわせになれる記事」(アメブロ)を書いています。こちらから。

子どもメンタル研究所 岡田 奈美子

 

このHP・アメブロのブログメール講座の3つがあり、それぞれ登録して頂くことで、最新記事が届きます。

【個性が輝く無料メール講座】(不定期、金曜配信)

 

【セラピー料金・アクセス】

 

【セラピーの最新スケジュール】

 

【ご利用者さまの声】

 

【潜在意識で幸せな子どもと大人になる♪ワークショップ・セミナー】

 

【お問い合わせ・お申込み】

 

おすすめ講座

  • 不登校でお悩みの方へ
  • 発達障害じゃない?敏感ちゃん・君
  • 敏感で繊細なHSP・HSC

最新記事

PAGETOP